トップ

ブラックバイト見分ける方法

バイトを辞めたい・辞める為の相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

バイトを辞めたい・辞める為の相談所00

バイトを辞めたい・辞める為の相談所01

バイトを辞めたい・辞める為の相談所02

ブラックバイト見分ける方法

最近問題になっているのがブラック企業ならぬ「ブラックバイト」です。

ブラック企業は、そこで働く社員や派遣社員などに関する問題ですが、ブラックバイトとは、学生やフリーターを中心としたバイトの現場でも問題になっています。

ブラックバイトがなぜ防げないのかは、低迷する経済により正社員の雇用を少なくしアルバイトだけでお店を回して責任を押し付けた方がコストを削減できると考えている企業が非常に多いからです。

ブラックバイトの特徴や見分け方についてご紹介しますので、ブラックバイトで働かない為にも必要な知識を身に付けましょう。

ブラックバイトとは

そもそもブラックバイトと普通のバイトとの境界線の違いについてご説明します。

ブラックバイトは、学生やフリーターなどに対する言葉で「日常生活や学業に支障をきたすバイト」をブラックバイトと呼びます。

・シフトに無理やり入らされる

・試験期間もお構いなし

・バイトとは思えないノルマ

・正社員並みの責任とプレッシャー

・ミスをしたら罰金

などのアルバイトとは思えないほどに辛い制限が強いられており、本来優先されるべきである本人の意思とは関係なく働かされるのをブラックバイトと呼びます。

ブラックバイトに入ってしまうと、学生の場合は、過度なバイトの為に大学の単位を落としてしまい留年になる、または、鬱病になり大学を休学もしくは退学するケースも存在します。

これでは何のためにバイトをしているのかわからない状態になるので、ブラックバイトを避けてバイトをする必要があります。

ブラックバイトの特徴

・働いた時間数が1分単位でなく10分・15分単位で切り捨てする

・研修期間中や通常時の時給が最低賃金・もしくは最低賃金以下

・サービス残業がある

・ノルマがある

・休憩時間が少ない・休憩が取れない

・売り残りを買い取らされる

・自分の過失でないのに罰金を支払わせられる

・パワハラ・セクハラ・モラハラがある

・出勤を強要される

・ちょっとしたミスや遅刻で罰金を支払わせられる

・退職したいと相談した場合に、損害賠償や訴えるなどと脅されたり、代わりの人間が入るまで辞めさせてもらえないなど、退職を受け付けて貰えない

以上の項目に当てはまっているのがブラックバイトの職場の可能性が高いです。

特に複数該当している場合は、確実にブラックバイトですので、働いている場合は早期に辞めた方が良いです。

ブラックバイト見分ける方法とは

ブラックバイトに入らないようにする為には、ブラックバイトかどうかを見分ける必要があります。

いくつかの条件に当てはまっているバイトはブラックバイトの可能性が高いので面接で受かったとしても入るのは辞めた方が良いです。

常に募集している

バイトを常に募集しているバイト先は、事業を拡大して募集しているならまだしも今までと同じお店で募集してる場合は、バイトの定着率が非常に悪い職場となります。

バイトの定着率が悪いと言うことは、バイトがすぐ辞めている=ブラックバイトの可能性が非常に高いです。

バイトの候補から外した方が無難です。

面接が適当

形だけの面接で、即採用されるところは、人を入れて残ればよいと考えている場合のお店が多いので、バイトの定着率が悪くのでブラックバイトの可能性が高いです。

辞めている人が多いということは、お店になんらかしらの問題点があるので働くのを辞めた方が無難です。

職場や面接官の雰囲気が悪い

働いている方の様子を見て楽しそうに働いていない、和気あいあいとしていない場合だったり、面接官自体の雰囲気も悪く言葉使いも上から目線などの場合は辞めた方が良いです。

バイトの扱いが適当で、無理やりシフトに入れられる可能性もあります。

雇用条件がはっきりとしない

待遇面の情報が、あいまいではっきりと書かれていない場合や面接時での研修期間の時給やその後の時給の扱いなどの説明が全くないバイト先は、責任者または社員がいい加減の可能性が高いので辞めた方がよいです。

未経験者募集

全てのバイトに当てはまるわけではないですが、明らかに専門知識が必要なバイトでこの表現をしている職場は離職率が非常に高いです。

オープニングスタッフや飲食店の場合はさほど気にする必要はないです。

罰金規則・減給などの項目が多い

遅刻やミスなどで罰金指定があるバイト先は、ブラックバイトの可能性が非常に高いです。

理由は、罰金は本来、故意でやった場合や重大な過失がある場合の除き、罰金を請求することはできません。

自腹で物を買わせられる

制服などを自腹で買わせる、商品の売れ残りを買わされるなど、本来バイトで買わなくても良いものを買わされるバイト先は、責任者などが強要してくる場合もあるので、その職場は辞めた方がよいです。

以上に該当しているバイトは、ブラックバイトの可能性が非常に高いです。

面接時に詳しく質問することで未然に回避できるケースもあるので、深くまで質問するようにしましょう。

例えば、「研修期間中の時給について」、「遅刻やミスで罰金などがあるのか」、「業務内容や働いている人の人数」など聞きましょう!

新しいバイトを探そう!

今のバイト先を辞めたいと考えている方は、新しいバイト先を探して応募しましょう!

自分がやってみたいバイトや今以上に条件が合うバイトが見つかれば、今のバイトを辞めて新しくバイトをすれば良いですし、面接してみてやっぱり今のバイトの方が条件が良いかな?と感じたら残れば良いです!

一つのバイトだけでは、他のバイトがどんな感じ7日わからない為客観的な判断が非常に難しいです。

勇気を出さずに現状維持ではいつまでたっても改善されません!

迷っている方は、ぜひ勇気を出して行動しましょう!

1位 ジョブセンス

アルバイトに採用されるとお祝い金が貰えます!
10 / 10点満点中 )
求人数 120,000件 更新 毎日
対応エリア 全国 サービス お祝い金
毎日更新しており、最新のアルバイト情報を紹介しています。会員数も12万人と超大手サイトになります!
アルバイト/バイト/パート採用者全員に最大2万円の採用祝い金がもらえます!

2位 バイトル

日本最大級のアルバイト求人サイト
9 / 10点満点中 )
求人数 90,000件以上 更新 1時間毎
対応エリア 全国 サービス 応募メーター
アルバイト探しでダントツ一位なのはバイトルドットコムです!AKB主演のCMでも有名ですが、1時間に一回更新される圧倒的なアルバイトの情報量が最大の魅力となっています!

3位 マイナビバイト

好きをバイトに。マイナビバイト|アルバイト・バイトの求人情報が満載!
9 / 10点満点中 )
求人数 90,000件 更新 毎日
対応エリア 全国 サービス 多様なニーズ
アルバイト求人情報サイトといえばマイナビバイト。東京、大阪、名古屋、横浜、神戸、福岡などの人気エリアの求人情報も豊富に掲載中。長期・短期などの働く期間や、時給・日給・日払いなどの給与面、アパレルや飲食などの職種など、自由に条件を設定して検索。自分の希望に合ったバイト・アルバイト情報がきっと見つかります!アルバイト探しならマイナビバイトへ!